闇金融か不安な時は登録チェックが確実

危険な闇金融にだまされるな!不安な時は登録チェックが確実です

ひと昔前は、消費者金融というとサラ金や街金の悪印象を引き継いで、危険、悪徳と言ったイメージが強く残っていました。時代の流れとともに法的な面での整備も進み、そのころに比べれば消費者金融のサービスは格段に改良され、名実ともに安心して利用できるものになったと言えます。ただしそれは適正な運営をしている業者に限ってのことです。

大手から中小まで数多くの消費者金融が存在する中には、違法な業者、いわゆる闇金融も紛れ込んでいます。闇金融は、『ブラックOK!』、『無審査融資可能』、『低金利』などと言ったパッと見では聞こえのいい謳い文句を掲げていることがほとんどです。そうして利用者を誘い込み、実際には法外な金利で貸し付けをし、返済が滞ると脅迫的な取り立てを行ったり、他の闇金融での借り入れを強要します。闇金融はお金に困った人に付け込んで、その人の人生を大きく変えてしまうのです。

違法な闇金融を見分けるために、もっとも有力な方法は登録チェックです。消費者金融などの貸金業を営む場合は、国や都道府県などのしかるべきところへ登録の届け出をして、営業の許可を得なければいけないことになっています。この登録番号がきちんとあれば、法律に基づいた健全な業者であると判断することができるというわけです。

闇金融は基本的に違法業者ですから、この登録をせずに営業しています。登録番号がホームページや店頭に掲載されていなかったり、聞いてもあいまいにされる場合は、その業者は闇金融だと判断してまず間違いありません。ただし架空の登録番号を掲示するなどして、あたかも登録があるかのように装う業者もいるので、その点は注意が必要です。不安な場合は、国や都道府県の窓口に問い合わせて確認するようにしましょう。自治体の中にはホームページに違法業者を一覧で掲載しているところもあるので、それも参考にしてください。

もしも闇金融かどうか疑わしい業者と接触を持ってしまったら、連絡先や口座番号などの個人情報を簡単に伝えてはいけません。たとえ借り入れを断っても、しつこく連絡がきたり、勝手に振り込みをされて利息込での返済を求められる事例も実際にあります。

お金を借りるということは少なからずリスクのあることです。危険な闇金融の甘い言葉に騙されてはいけません。事前にしっかり情報収集をして、信頼できる業者から借り入れをするようにしましょう。