消費者金融の危険性のカギとなる意識

消費者金融の危険性のカギは「気軽さ」と「多重申込」にアリ!

かつて「サラ金」と呼ばれていた頃に比べれば、世間が抱く消費者金融のイメージは格段に向上しました。これは、広告戦略などによる消費者金融業界全体のイメージ向上への取り組みが功を奏した結果と言えるでしょう。また、総量規制やグレーゾーン金利撤廃に伴う悪質業者の淘汰も見逃せない要素です。現在では、いわゆる「闇金」などと呼ばれるごく一部の非合法的なものを除いて、違法性のある高金利や暴力的な取り立て行為などもありません。

消費者金融自体は、業界全体を自浄していくことで、そのマイナスイメージを払拭することに成功しています。しかしそれでも、消費者金融を利用する行為そのものは、危険性を孕んだものであると言わざるを得ません。

危険性を生む大きな要素としては、利用者側の意識が挙げられます。言い換えれば、非常に便利で身近な存在であるはずの消費者金融が、利用者の心持ち一つで瞬く間に危険な存在になってしまうのです。

そのカギの一つは、「気軽に利用できる」という点にあります。本来は、利用者のために消費者金融が編み出した「気軽さ」という武器ですが、あまりに簡単にお金を借りることができるため、利用者は融資をまるで自分の預貯金を下ろすかのように錯覚してしまいます。結果、あまり深く考えずに融資を受けて(受け続けて)しまうという、「借りグセ」のような意識を生じさせてしまうのです。

この「借りグセ」は、例えば返済時などに足りない額があったとしても、「不足分は他から借りる」という悪循環を生じさせる源にもなります。これがもう一つの危険性のカギである、多重申込・多重債務のきっかけです。

こうした悪循環に陥ってしまうと、なかなか自力では抜け出すことができず、気付いたときには手遅れの状態になってしまいかねません。上手な借り換えや一括・繰上返済、家族・親族からの借入など、少なくともこうした悪循環から抜け出す努力や意識付けが必要でしょう。場合によっては個人再生・任意整理・特定調停・自己破産といった法的な債務整理の必要性も生じます。

さて消費者金融の多重申込は、意識面とは違った意味での危険性を生み出すこともあります。同時期あるいは短期間に複数の消費者金融に融資を申し込むと、消費者金融側から債務不履行(返済不能)や多重債務そのものを疑われる要因となります。こうなると審査基準が厳しくなってしまい、本来なら契約に漕ぎ着けることができたはずなのに、断られてしまうケースも考えられます。

融資を申し込んだり断られたりした事実は、信用情報機関に一定期間(1ヶ月程度)登録されます。消費者金融以外の金融機関に申し込んだ際にも照会されるので、他の借入にも不利な要素をもたらす可能性があります。消費者金融に申し込む際は1社に絞り、仮に複数の業者に申し込む場合でも、審査の結果如何を問わず、少なくとも1ヶ月以上の期間を置くのがベターと言えます。