消費者金融審査で一発アウトのブラックとは?

消費者金融の審査で一発アウト…ブラックっていったいなんのこと?

消費者金融に限らず、金融機関からお金を借りる時には、必ず事前審査があります。業者によって審査の厳しさは様々で、基準も全く同じではありませんが、1つだけ審査で一発アウトになるとほぼ断言できる条件があります。それはブラックというものです。

ブラック、あるいはブラックリストという言葉自体は、消費者金融で借り入れをしたことが無い人でも一度くらいは聞いたことがあるかもしれません。でもそれが具体的にはどんな状態を指すのかを正確に理解している人は意外と少ないのではないでしょうか?ここでは消費者金融を利用sるなら知っておいてほしいキーワードの1つ、ブラックについてご説明します。

ブラックリストなどと言っても、実際にそういう名前のリストがあり、審査で落ちる人の名前がずらっと並べてあるというわけではありません。ブラックとは、簡単に言えば過去の利用歴の中に事故情報がある人のことです。

消費者金融に限らず、どこかで借り入れをするとその履歴は個人の信用情報機関というところで記録されます。もしもその利用した中で債務整理や延滞などの問題、つまり事故を起こしていると、それも当然記録として残ることになります。借り入れの審査をする際には必ず、その人の信用情報を調査機関に照会するので、過去に事故情報がある、すなわちブラックであることはすぐにわかってしまいます。ブラックの人物は借りたお金をきちんと返す返済能力が無い、あるいは返済の意思がないとみなされます。これがブラックだと審査で一発アウトになってしまう理由です。

中には『ブラックでも融資OK』などと宣伝している業者も存在します。しかし、その言葉に安易に飛びつくのは危険です。そういった甘い言葉を謳っている業者のほとんどが、他で借り入れができずに切羽詰まった債務者の弱みに付け込もうとする闇金融です。うっかり手を出すと借金地獄に陥ることになるかもしれません。

ブラックにならないためには、借りたお金をきちんと期日までに返すという約束を徹底しましょう。もしも何らかの事情があってブラックになってしまったとしたら、それ以上借り入れをするべきではないということです。借金で人生を踏み外すことが無いよう、消費者金融との上手な付き合い方を知っておいてください。