借りたお金の返済期限を守らないとどうなる?

借りたお金の返済期限、守らなかったらどうなっちゃうの?

相手が何であるにしても、借りたお金は返さなければならないというのは当たり前のことです。それは消費者金融のような個人向けの融資サービスを利用するにあたっても例外ではありません。ところが消費者金融では面倒な手続きもほとんどなく、手軽に借り入れができるので、返済に対する認識が甘くなりがちです。もちろん消費者金融側にとって、お金を貸すというのはあくまでもビジネスですから、借りる側がどんな認識をしていようと、実際のところ返済に関しては非常にシビアです。
もしも返済期限をきちんと守らないと、思っても見ないトラブルを抱えてしまうことがあります。

まず1日でも返済を延滞すると、その日から遅延損害金というペナルティが課せられることになります。遅延損害金とは、延滞した金額にかけられる通常よりも利率の高い利息のことです。通常利息と同様に日割りで計算されるため、延滞が長引けばそれだけ遅延損害金の額も上がっていきます。その延滞がうっかりミスであろうと、故意であろうと関係なしです。延滞の期間やその間の対応によっては、限度額の減額や一定期間利用停止と言ったさらに重いペナルティが発生することもあります。

さらに延滞が3ヶ月以上に及び、悪質なものであると判断されてしまうと、お金よりももっと大事なものを失うことになります。それは信用です。消費者金融に限らず、金融機関でお金を借りる時、何よりもその人の信用が重視されます。金融機関は個人の信用情報機関という媒体を通じて信用情報を共有しており、融資の事前審査の際には必ずこの機関に情報照会を行います。

長期の延滞をしてしまった場合、その延滞の記録が事故情報として登録されることになります。そうなると貸し倒れのリスクが高い危険人物、いわゆるブラックとして認識されることになり、延滞した消費者金融はおろか、そのほかのすべての金融機関から借り入れをすることができなくなるのです。事故情報はだいたい数年間は消えることがありません。その間はどんなに小口の借り入れもできませんし、住宅ローンを組んだりクレジットカードを作ることも不可能に等しいでしょう。

もしも事情があって返済が遅れる、あるいは遅れてしまった時には、できるだけ早く先方に連絡を入れることが大切です。相手の印象は確実に良くなりますし、場合によっては事情に合わせて何らかの措置をとってくれる可能性もあります。遅れれば遅れるほど連絡がしずらくなるので、気づいたらすぐに行動を起こすことをおすすめします。

どんなに簡単に借り入れができたとしても、その返済にかかる負担は変わりません。一度の返済延滞が、その後の人生を変えてしまうほど大きな影響を与えることもあります。借りたお金の返済期限は必ず守りましょう。