消費者金融の利用歴は住宅ローン審査に不利

消費者金融の利用歴があると住宅ローンの審査に不利ってホント?

家を買う…それは多くの人にとって、人生で一番ともいえる大きな買い物です。その金額の大きさゆえに、一括で支払いができる人はなかなかおらず、ほとんどの人が住宅ローンという形で銀行などから融資を受けて購入することになります。融資を受ける=その前には必ず審査があるというのは周知の事実です。住宅ローンは金額が大きく、返済期間も長期に渡ることから、個人向け融資の中でも最も審査が厳しいとされています。

過去に消費者金融などで借り入れをしたことがある、あるいは借り入れを今現在しているという人にとって、この住宅ローンの審査の厳しさは不安要素の1つになるのではないでしょうか?ここでは消費者金融の利用歴が住宅ローンの審査で不利になるのかどうかを検証していきます。

まず大前提として、消費者金融の利用歴があることは、住宅ローンの審査の際に必ず金融機関側にはわかってしまいます。消費者金融であれ銀行であれ、個人に融資を行う際には、その人物の信用を非常に重視します。過去の借入歴などを含めた個人の信用情報は専門の調査機関に記録されており、金融機関側は照会すればすぐにその情報を把握することができます。つまり、過去、あるいは現在の消費者金融利用歴について嘘をついたとしても、すぐにばれてしまい、かえって悪印象を与えるというわけです。

それを踏まえて、消費者金融の利用歴が住宅ローンの審査で無条件に落とされる要因になるかというと、一概には決めつけることはできません。金融機関によって判断基準は異なりますし、利用の度合いも大きく影響するでしょう。ただ1つ言えることは、消費者金融の利用歴が審査に有利に働くことは絶対にありません。特にその時点で借り入れがあるという場合は、金銭的に余裕がないと判断され、審査を通らないリスクが高くなると考えられます。

もしも過去の利用歴の中で、債務整理や延滞と言った事故情報が残っている場合、住宅ローンを組むことはほぼ絶望的になります。銀行側の考えとしては、小口の融資である消費者金融での借金でさえきちんと完済できない人に、金額も返済期間も桁違いの住宅ローンを返済する能力があるとは到底思えないからです。事故情報は5年から10年という長い期間残ることになるので、その間は住宅ローンを組んで家を買うことはあきらめた方がよいでしょう。

手軽に借り入れのできる消費者金融は非常に便利ですが、その一方でこうしたデメリットになることもあります。長期的な見通しを持ってよく考えてから利用することをおすすめします。