グレーゾーン金利で昔の借金を返しすぎかも

昔の借金、もしかして返しすぎ?グレーゾーン金利という落とし穴

消費者金融をはじめとした金融機関で借金をする場合、必ず利息が付くようになっています。特に消費者金融は銀行などに比べると手軽に借り入れができる分、リスクを考えて利率が高めに設定されています。利息の計算は日割りで行われるため、返済期間が長くなればなるほど、支払う利息の金額も大きくなっていくというシステムです。いつの間にか思った以上に金額が膨らんでいたり、何かと問題のタネになりやすいものでもあります。

この金利に関して、貸金業法の改正される2010年より以前に、グレーゾーン金利というものが問題になりました。もともと金利について定める法律には、2種類ありました。民事の法律である利息制限法と刑事の法律である出資法というものです。この2つが異なる上限利息を定めていたため、民事上では違反だが刑事上は違反にならず罰則もないというあいまいな存在、グレーゾーン金利という落とし穴を生んだのです。ちなみに利息制限法における上限利息は20%、出資法に置いては29.2%とされていました。つまり、グレーゾーン金利とは20%より高く、29.2%未満という範囲の金利を指します。

2010年には貸金業法の改正により、グレーゾーン金利は撤廃されました。それと同時に、グレーゾーン金利での貸し付けに関しては法改正前のものでも違反であると認められることになったのです。つまり、以前に20%より高い利率で借金をしていた場合、その払いすぎた利息分を過払い金として返還請求できるようになったのです。すでに完済したものに関しても、時効の10年を経過していなければ過払い金請求は可能です。

昔の借金、返しすぎてはいませんか?グレーゾーン金利の過払い金請求は借りる側の正当な権利です。もしも心当たりがあるのであれば、一度弁護士やしかるべき機関に相談してみることをおすすめします。