融資限度額を増額してもらうには?

一度決まった融資限度額、増額してもらうにはどうしたらいいの?

消費者金融での融資限度額は、最初からその人の借りられる最大の金額まで設定されることは基本的にありません。ほとんどが10万~30万円程度の少額からのスタートになります。これでは少々物足りない、もっと借りられるはずだと思う人もいるでしょう。なぜスタート時点の融資限度額は少額に設定されることが多いかと言うと、そこには消費者金融からの信用度の高さの問題があります。

消費者金融では、借り入れをするときに保証人も担保も用意する必要がありません。それはつまり、貸す側にとっては貸したお金が返ってこなかったときの損失が、より大きなリスクとしてあるということです。したがって、消費者金融は信用と言う要素を非常に重視します。たとえ過去の借入歴がクリーンでも、収入や生活状況などの条件がどんなに良くても、最初の契約の時点では全面的に信頼を置くのは難しいというわけです。

それを考えると融資限度額を増額させるためには、消費者金融からの信用度を上げればいいということになります。これはそれほど難しいことではありません。消費者金融に置いて信用度を上げるためにするべきことはたったの2つです。

1つは、借りたお金をきちんと返すことです。返済期限に遅れずに確実に完済することが最も重要です。これを複数回繰り返して、徐々に信用を積み重ねていくことになります。もう1つは、他社で借り入れをしないことです。複数社を同時に利用しているという状況は、消費者金融側から見ると相当お金に切羽詰まっているとみなされ、信用度が下がることになってしまいます。ちなみに消費者金融どうしは個人信用情報機関を通して借入情報を共有しているので、もしも他社を利用すると、黙っていてもすぐにわかってしまいます。

上記の方法で消費者金融からの信用度を上げることができれば、融資限度額の増額はすんなり認められる可能性が非常に高いと言えます。1社の限度額が低いと、他社からの借り入れをしてしまいがちですが、複数社からの同時借り入れは消費者金融から見て悪印象と言うだけでなく、借りる側にとっても負担が大きいものです。それよりは1社で着実に信用を上げて限度額を増額する方が、安全で確実な方法であることは間違いありません。