最大いくらお金を借りられるか?総量規制

自分が最大いくらまでお金を借りられるか知ってる?総量規制のお話

消費者金融のホームページを見ると、『最大○百万円まで融資可能!』などと謳ってるところがほとんどです。これを見ると、誰でもその金額まで借り入れができるのかと思ってしまいがちですが、実はそうではありません。

個人がこうした消費者金融のような融資サービスを利用して一度に借り入れができる金額は、法律で決められています。とは言っても、一律でいくらまで、と金額が定められているというわけではありません。

消費者金融のような個人向けの貸金業者は、貸金業法という法律のもとに運営しています。その貸金業法の中に、融資の合計額がその人物の年収の3分の1を超過してはならないと定める条項があります。一般には、総量規制と呼ばれています。つまり、消費者金融で借り入れができる金額の上限は自分の年収の3分の1まで、複数借り入れをしている場合はすべての金額を合わせてその範囲内に納めなければいけないということです。

1つ覚えておいてほしいのですが、総量規制の制限は個人の借金すべてに及ぶものではありません。貸金業法と言うのは、消費者金融のような貸金業を専門にしている業者のみに効力のあるものです。したがって、貸金専業ではない銀行のような金融機関で融資を受ける場合は、総量規制の対象になることはありません。住宅ローンやカーローンのような大口の融資はもちろんのこと、銀行が行っている消費者金融と同様のキャッシングサービスに関しても、総量規制からは除外になります。基本的には総量規制は債務者を守るために制定されたものですから、借り入れをするときはその範囲内におさめることが望ましいのは事実です。ですが、それではどうしても金額的に不足があることもありますよね。総量規制の範囲を超えてキャッシングで借り入れをしたいという場合は、銀行系のキャッシングを頼るのも1つの手と言えるでしょう。

もしもの時のために、自分がいくらまで借り入れができるかを知っておくのは大切なことです。総量規制という重要な仕組みを、正しく理解しておくことをおすすめします。