消費者金融は一度に何社まで借りれらるか

消費者金融、一度に何社まで借りられるか決まってるって知ってた?

消費者金融のような個人向けの融資サービスは、ひと昔前に比べれば相当に手軽に、そして便利になってきています。気軽に利用できるので、ついつい複数の会社から借り入れをしてしまうという人は少なくありません。あるいは、1社だけでは必要な金額に足らず、仕方なく他のところでさらに借り入れをするということもあるでしょう。

実はこうした消費者金融の複数同時借り入れは、貸す側、つまり消費者金融からは決して喜ばれることではありません。いくつもの業者から借金しなければいけないほどお金に困っているとみなされ、貸し倒れのリスクが高い人物というレッテルを貼られてしまうのです。同時借り入れ件数が多ければ多いほど、審査には不利になってしまいます。

法律の上では、具体的に同時借り入れ件数が定められているわけではありません。ですが、ほとんどの消費者金融では独自にある程度の基準を設けています。目安としては、複数借り入れをしていても審査を通る件数は3社までと考えておくべきです。あくまでも目安なので絶対というわけではありませんが、4社以上から同時に借り入れをしている場合、それ以上借り入れの申し込みをしても審査を通らない可能性が非常に高くなります。さらに、例えば同じ金額の借り入れでも、1社から借りているか、3社から借りているかという件数の違いによって、審査の際の評価は変わってきます。

複数同時借り入れの問題点は、新たに借り入れがしにくくなるというだけではありません。同時に複数の借り入れをすれば、返済も同時に複数行わなければいけません。それは金銭的にも精神的にも、かなり負担が重いことなのです。複数同時借り入れ、つまり多重債務が原因で最終的に債務整理をするまでに追い込まれてしまう事例は少なくありません。

借り入れ件数は極力少なくしておくことが、結局は間違いなく自分のためになるのです。消費者金融から借り入れをするときには、借りたら返さなければいけないということを念頭に置いて、できる限りリスクの無い利用を心がけましょう。