融資の上限を決める年収と限度額の関係

融資の上限、どうやって決まる?年収と限度額の気になるカンケイ

消費者金融などの融資サービスを利用してお金を借りる時、確実に自分が借りたい金額を借りられるとは限りません。借り入れの申込みをすると、ほとんど必ず事前審査が行われます。その際にいくつかの条件に基づいて融資を実行するかどうか、そして融資の上限、つまり限度額をいくらに設定するかという判断が行われるのです。お金が必要で借り入れ申し込みをするのですから、審査に通るかはもちろん、いくら借りられるかを決める融資限度額は非常に重要ですよね。

融資限度額が希望額に届くかどうかは、実は年収とかなり密接に関係があります。消費者金融のような貸金業者を規制する法律として、貸金業法があります。その中の総量規制という仕組みが、年収と限度額を結びつけるカギとなるものです。総量規制とは、平たく言うと、消費者金融での借り入れの合計額を年収の3分の1までと制限する取り決めです。もしも総量規制の範囲を超えた貸し付けをしてしまうと、貸した方が罰せられてしまうため、借りる側が望むと望まざるにかかわらず、消費者金融で年収の3分の1以上の融資限度額が設定されることはあり得ません。

それでは年収の3分の1までなら絶対に借り入れができるかと言えば、そういうわけではありません。消費者金融が融資を行う際に、もっとも重視するのはその人の信用です。過去に債務問題を起こしていれば、その事実だけで審査を通らなくなってしまうほどです。過去の借入歴に問題がなくとも、初めて借り入れを申込みに来た人物に対する信用度が、無条件に高くはなることはあり得ません。年収や勤務状況など、他の条件の良しあしは多少加味されますが、それでも最初から総量規制のいっぱいいっぱいまで限度額が設定されることはほとんどないと考えられます。

このように、融資限度額は複数の要素が絡み合って設定されます。ただし、どんなに信用度が高くなっても、総量規制の範疇を超えて融資が受けられることはありません。借り入れの申込みをする際に慌てないためにも、以上のことを踏まえておくのがよいでしょう。