消費者金融の借入の名義変更ができない理由

その債務は誰の物?消費者金融の借入の名義変更ができないワケ

例えば、友人が消費者金融から融資を受けようとしたのですが、何らかの事情で審査に通らないことがあったとしましょう。こうしたケースで、友人の代わりにあなた自身の名義で消費者金融と契約して融資を受けたとします。いわゆる「名義貸し」や「肩代わり」と呼ばれるような状態ですが、仮にこの状態で友人が(あなた自身もしくは消費や金融に対して)返済を怠った場合、あなた自身にはどのような事態が降り掛かるのでしょうか。

このようなケースの場合、「名義貸し」によって消費者金融から受けた融資額を実際に使用するのが友人であったとしても、あくまでも契約上の債務者は契約者(あなた)自身であり、消費者金融は契約者の信用の元に融資を行っています。友人からの返済が滞ったとしても、契約者の責任として消費者金融に対して返済する義務があります。結果的に契約者からの返済が滞ることになれば、契約者自身の信用情報が落ちてしまうことになります。

可能であれば債務の名義を友人に変更したいものですが、同意の上での名義貸しであれば、名義変更は非常に困難であるとされます。法律的には微妙な判断の線引きがあって一概には言い切れない部分もありますが、過去の判例では消費者金融が関与するまでもなく、当事者(この場合、あなたと友人)間の賃借の問題として判断され、概ね名義変更にまで事態が及ばないようです。

しかしこれが、契約者の同意を得ない(詐欺的なケースも含んだ)状態での名義貸しの場合、それが立証されれば名義変更が認められるケースもあります。ただしこちらの場合でも、消費者金融の同意が必要となります。中には、単純な名義変更ではなく、借り換え(上記例の場合、契約者の名義の分の債務を友人が新規に借り入れる)を勧められるケースもあります。

消費者金融の融資は、信用の元で成り立っています。消費者金融との契約における名義貸しは、自身の信用を損なうだけでなく、現実問題として謂れのない債務を抱えてしまう可能性も秘めています。このような安易な行為は、いわゆる「借金の保証人になる」こと以上に危険な行為であることを認識しておいた方が良いでしょう。