消費者金融と上手に付き合う3つの注意点

消費者金融と上手に付き合うために…絶対守ってほしい3つの注意点

消費者金融は手軽に、そして安全に借り入れができるサービスとして人気を集めており、利用者は増加する一方です。とは言えいくら手軽で安全だと言っても、それは正しく利用している状態に限ってのことです。使い方を間違えれば、消費者金融と言えども債務問題に発展する可能性はゼロとは言えません。そういった問題を抱えることなく、消費者金融と上手に付き合っていくために、絶対に守ってほしい注意点が3つあります。

まず第一に、利用する前に計画をしっかり立てることです。利用の目的、借りる金額、返済にかかる期間や返済方法に至るまで、すべてを明確にしておくことが大切です。特に返済に関する計画は最重要と言えます。万が一返済のめどが立っていない、あるいは別のところで借りて返済に充てようと考えているという場合は、消費者金融での借り入れを諦めた方が無難でしょう。返す見通しが無いのにお金を借りるのは自殺行為と言っても過言ではありません。

2つ目に、業者選びは慎重に行うことです。消費者金融にも、大手から中小まで様々なタイプの業者があります。それぞれに異なる特徴を備えており、どこを選ぶかによって返済計画に大きな影響を与えることも少なくありません。インターネット上の口コミサイトやランキングサイトも参考にして、自分の条件や状況に合った業者を見つけましょう。中には『金利ゼロ』、『無審査融資』と言った破格の条件を宣伝文句にしている会社もありますが、危険な闇金融が紛れている可能性が高く、その点は注意が必要です。

3つ目は、消費者金融で得たお金はあくまで借金であるという意識を忘れないことです。消費者金融では手続きも簡単に、気軽に借り入れができてしまうため、それが借金だという気持ちが薄れてしまう傾向にあります。そうした意識のズレは非常に危険です。特に必要に迫られているわけではないのに、欲しいものを買うために借り入れをしたり、ある業者への返済のために、別の業者からさらなる借り入れをしたり…という借金を借金とも思わない行動に走ってしまうこともあり得ないとは言えません。どんなに手軽でも借金は借金です。必要な時に必要な分だけ借りて、できるだけ早く返すという基本を忘れないでください。

消費者金融はとても便利で頼もしいサービスです。ぜひ3つの注意点を守って、上手に消費者金融を利用してください。