ボーナスを使って消費者金融を利用する方法

ボーナスが出たときと出なかったとき、ケース別消費者金融利用方法

企業に勤める給与所得者にとって夏・冬のボーナスは、まとまった金額が手に入る貴重な臨時収入の機会です。普段はできないような贅沢をしたり、大きな買い物をしたりできるなど、何者にも代え難い魅力のあるものでしょう。

一方で、ボーナスを見越して事前に買い物をする(した)とき、中でもクレジットカードやローンでボーナス併用払いでの契約を完了していたのに、ボーナスが出なかった、もしくは思ったよりも額が少ない場合には、逆に支払いに困って辛い思いをしてしまうものです。

一説によると、例年であればボーナス月である7月・12月は消費者金融の借入件数は少ない傾向になるものの、景気の悪い年に関しては他の月に比べてむしろ増加する傾向にあるようです。これは恐らく、ボーナスを補填する意味合いでの借入が多いことに起因しているのでしょう。こうした要因から、消費者金融は不況に強いビジネスモデルであるとされますし、存在意義そのものになっているとも考えられます。

とはいえ、こうした消費者金融の使い方を多用していると、知らぬ間に総額が膨れ上がってしまうこともあります。くれぐれも後の見通しのない買い物は避けるようにすべきですし、いざ消費者金融を利用する場合でも、今度は確実に返済していけるように綿密に見通しを立てることが必要です。

逆に、既に消費者金融金融から借入のある人は、ボーナスを返済に充てることが多くの情報源でも推奨されています。元々ボーナス払いの契約でなくても、一時的にボーナス月に増額して返済をすることは可能です。

ボーナス時の増額払いを含む繰上返済は、元金に充当される部分が大きくなることになります。借入期間を短縮することにもつながり、全体的な返済総額を圧縮する工夫にもなります。