消費者金融の複数同時申込は審査に不利

消費者金融の複数同時申込…実は審査に不利になってるかも!?

消費者金融で借り入れをする場合、事前に融資を行うかどうかの審査があるところがほとんどです。この審査を通らなければ一円たりともお金を借りることはできません。消費者金融側もボランティアでお金を貸しているわけではないので、仕方のないことではありますが、特に条件的に審査を通るか不安な人にとっては、このシステムは気が重いものですよね。

最初から審査に通らないリスクを考えて、2件、3件の業者に同時に借り入れの申し込みをするという手段をとる人も少なからずいます。一見良いやり方のように思えますが、決しておすすめできるものではありません。むしろ、複数同時申込をすることで審査に不利になる可能性は上がってしまうのです。

お金の貸し借りに置いて、もっとも重要なものは信用です。消費者金融を含めたすべての金融機関での利用の履歴は、個人の信用情報機関に登録され、一定期間は記録として残ります。借り入れの申込みをすると、消費者金融側は必ずこの機関に情報を照会して、その人物の借入歴をチェックし、融資をするに足る信用があるかどうかを判断するのです。それと同時に借り入れの申込みをしたという記録はリアルタイムで情報として登録されます。つまり、複数の業者にほとんど同じタイミングで借り入れの申込みをしたという事実は業者側に筒抜けなのです。

それではなぜ複数同時申込は審査に不利になるのでしょうか?その理由は主に2つ挙げられます。

まず1つは、法律的な制限の問題です。貸金業法の中に総量規制というものがあり、消費者金融ではその人の年収の3分の1以上の融資を行ってはいけないことになっています。申し込みの記録はリアルタイムでわかっても、その時点では同時に申し込んだ別の業者で審査を通り、融資が受けられるかどうかはわかりません。もしも複数の業者から同時に融資を受けて、その総額が総量規制の範囲を超えてしまうと、貸した消費者金融側が罰せられることになってしまいます。それを考慮すれば、複数同時申込の顧客には融資をしないというのが業者にとっては最大の安全策なのです。

もう1つの理由は複数同時申込という行為が業者に与える印象にあります。上でも述べたように、複数の業者に同時に申し込むということは、審査を通らないリスクを考えての行動です。これを消費者金融側から見ると、それだけ審査に自信が無い、借りにくい理由があるのではないかという良くない印象を受けます。あるいはよほどお金に困っていて、切羽詰まって借り入れを申込んできた状況なのかという判断をされることもあります。それもまた貸しても返ってこない貸し倒れのリスクが高いものとみなされ、悪印象になります。

以上のことから、消費者金融の借り入れ申込みを同時に複数することはやめた方がよいでしょう。審査が不安なのであれば、ネットの簡易審査を利用するなどして、借りられる可能性が高いところに絞って申し込みをするという方法がおすすめです。